ブログトップ

2017.8月 T6ENC(民医連東北6県の看護奨学生交流会)

a0162811_15460198.jpg


8月11日~12日に
青森県弘前市「アソベの森
いわき荘」にて
T6ENCが開催されました。

全体で99名
(学生65名、職員34名
(宮城からは、学生15名、職員6名、事務局2名))の
参加者が一堂に会しました。


1日目は、
『民医連を知ろう~看護と介護の15の物語より』
からシンポジウム形式で学習企画を行いました。

a0162811_15460652.jpg


夕食交流会では、
イントロゲームや伝言ゲーム、
ジェスチャーゲームなど
職員と学生が企画したゲームで盛り上がり、
参加者間の交流を深めました。


a0162811_15462698.jpg

夕食の御馳走

a0162811_15460977.jpg

2日目は、
体験企画で医療知識や実技のゲームを行いました。
今では被ることがなくなった
ナースキャプの作成と装着、
マスク・エプロン・手袋を装着した状態で
消毒リレー、
注射液の吸い上げ、
応急処置体験、
国試問題に挑戦など
盛りだくさんの体験内容でした。


a0162811_15462134.jpg

注射の吸い上げ体験での真剣な眼差し

a0162811_15461174.jpg

ガウンテクニック


a0162811_15461521.jpg

宮城の職員による注射の薬液吸い上げの説明


a0162811_15461885.jpg

デモンストレーション


a0162811_15462324.jpg

国試問題に挑戦!先輩看護師からのサポート


2日間に渡るプログラムを通しての感想として、

「東北6県で同じ夢に向かって
頑張っている人たちと交流することができて良かったです。
学校卒業後、今回出会った仲間と一緒に
民医連の看護師として働きたいです。」

「自分が今後どのような看護を提供していきたいか
深く考えるきっかけとなったとともに、
新しい友達がたくさんでき、
すごく楽しい2日間でした。」

などの声が聞かれました。



目標が同じ友達に出会え、
学びが多く、楽しい時間を過ごせる機会になります。

奨学生になって
共に働きませんか??




[PR]
by joint_blog | 2017-09-01 16:23

このペー

ジのトップへ